0

セントルシア島のカカオの神秘のチカラを一粒づつ味わう『HAPPY NIBS(ハッピーニブス)』新発売

株式会社ホテルショコラ (東京都品川区: CEO兼共同創業者 /クリス ホロビン)は、セントルシア島の自社スーパーミルクチョコレートでコーティングしたカカオブースター『ハッピーニブス』を、2021年3月3日(水)より販売いたします。

カカオニブはカカオ豆をロースト(焙煎)し、薄皮(殻)を分離し細かく砕いたチョコレートの原材料となるものです。カカオ豆に含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールについては様々な研究が進められ、近年スーパーフードとして注目されています。 『ハッピーニブス』は、ホテルショコラのカリブ海セントルシア島にある自社農園産のピュアカカオニブを使用。より美味しく味わっていただくために、同じく自社農園産シングルオリジンの65%スーパーミルクチョコレートでコーティングしました。 カカオニブとベストな組み合わせのチョコレートのコーティングで、一粒ごとにカカオに秘められた、「元気を取り戻すチカラ」と「セントルシア島の自然の恵み」を感じてください。




【商品概要】
・商品名   :ハッピーニブス(HAPPY NIBS)      
・価格    :¥1,500(税込)
・内容量   :70g
・販売開始日 :2021年3月3日(水)
・販売店舗 :ホテルショコラ直営店およびオンラインストア


【ホテルショコラの自社農園「ラボ エステート」について】
イギリスのホテルショコラ創業者のアンガスとピーターは、エシカルなカカオ栽培を行うという夢を実現するため、2006年、カリブ海のセントルシア島に250年前から開拓されていたカカオ農園を購入。現地の方々と協働しながら約2年の歳月をかけてカカオの栽培を軌道に乗せました。
さらに同地に2011年にはエコホテル「Rabot Hotel」をオープン。リゾート滞在を楽しみながらカカオ料理や農園体験など、カカオの恵みを存分に味わうことができます。