0

「2021 GP環境大賞」の準大賞を初受賞

株式会社ホテルショコラ (東京都渋谷区: CEO兼共同創業者 /クリス ホロビン)は、この度、一般社団法人日本印刷産業連合会(以下「日印産連」)が実施している「GP(グリーンプリンティング)環境大賞」において、2021年の準大賞を受賞しました。

GP環境大賞」は、一般社団法人日本印刷産業連合会が、印刷総合環境配慮制度「グリーンプリンティング(GP)認定制度」の取り組みとして、GPマークを表示した印刷製品をより多く発行している企業・団体に対し、地球環境への負荷低減への熱心な取り組みとGP認定制度への深い理解と制度の積極的活用に敬意と感謝の意を込めて贈られます。 ホテルショコラが地球環境に配慮し、お客様向け配布物にGP認定制度を取り入れたことが評価されて今回の初の受賞となりました。

ホテルショコラの地球環境問題への取り組み(Planet Pledge)について
ホテルショコラではかけがえのない地球環境のために「Planet Pledge」(地球への誓い)として、使用するパッケージをコンポーズ(堆肥化)可能、リユース(再利用)可能、リサイクル可能な資材に変えていくことを目指しています。

日本オリジナルのギフトコレクションボックス(シグネチャーコレクション・ラグジュアリーコレクション)は、それぞれリユース(再利用)可能な高級感のあるペーパーボックスとTin(缶)を採用し、チョコレートを楽しんでいただいたその先も、小物入れなどにお使いいただけるパッケージに刷新しています。 また、カフェのストローは竹ストローに変更したり、商品カタログなどの印刷物にはFSC認証紙を使用するなど、様々な取り組みを実践しています。 私たちは、今後も積極的に環境問題への取り組みを継続していきます。